人気樹種ご紹介 欅「ケヤキ」一枚板

人気樹種ご紹介 欅「ケヤキ」一枚板

他にはない存在感と高級感です!

こんにちは大阪府寝屋川市の一枚板工房SEE-SAWです。

もうすっかり秋ですねー

本日は人気樹種ご紹介シリーズの第4弾『欅(ケヤキ)』をご紹介いたします。

検索エンジンで調べてみると「欅坂46」関連の記事がズラリ!
木材としての紹介はなかなか出てこないのですが・・・・涙

家具インテリアを扱う中では銘木として一枚板として以前より人気の樹種として親しまれ、古来より日本を代表する高級木材として様々な建築物・寺社仏閣などでもで使用されてきました。

群を抜く丈夫さ、あの舞台を支えてます!

お城やその城門にも好まれて使われており、江戸城の残存物として重要文化財に指定されている「旧江戸城田安門」や「旧江戸城清水門」にも利用されています。
その丈夫さ、頑丈さがこれからも伺えますよねー
特に「旧江戸城田安門」などは旧江戸城の遺構のうち最古のもので、なんと1636年に作られたもの、
驚くべきは約400年経った現在でもその姿を保っているそうなんですねー

京都・清水寺の舞台は「桧(ひのき)舞台」として知られていますが、これをしっかりと支えているのが実は『欅(ケヤキ)』なんですよ!
高さ13m巨大な18本の柱が支えています。舞台の床面のヒノキ材はたびたび張り替えられているんですが、
1633年の創建より、数々の天変地異を乗り越えたことからも強度と耐久性は実証済です。

人々に親しまれています

多くの自治体が「県の木」「市の木」といったシンボルに
欅(ケヤキ)を指定していることからも古くから人々に親しまれてきたことが伺えます。

ホウキを逆さにしたような樹形が美しく、雄大でさわやかな印象を与え
落葉広葉樹でこれからの時期には綺麗な紅葉を見せたり日本の四季を感じさせることから
街路樹をしても多く使用され日本各都市にケヤキ並木として多くの人々に親しまれています。
(埼玉市の国道463号線はなんと17㎞におよぶ日本最長のケヤキ並木があります!凄いですね!)

3つの特徴

硬く、強靭

先ほどの清水の舞台の柱でご案内の通り、非常に硬く、強靭という特徴があります。
その頑丈さは様々な木材の中でも秀でています。その反面硬く加工には適していないと言われており、
加工するには、熟練の技術がないと難しいものとなります。

艶・杢目の美しさ

肌目にはやや粗さがありますが手入れを行うことで美しさに磨がかかります。
力強い木目が特徴でご自宅で使い込んでいただく事により、どんどん赤みが増し、アメ色に輝く姿はまさに芸術品!
個体により玉杢、泡杢、牡丹杢、葡萄杢といったバラエティに富んだ杢目に関しても大変個性があり、魅力のひとつですね。
唯一無二の大切な家宝となることでしょう。

暴れが起きやすい

欅は非常に暴れが起きやすいと言われています。
製材の過程から加工後であっても反りや伸び縮みが非常に起きやすく
極端な場合には割れてしまうこともあります。
こうしたトラブルを防ぐため、丁寧に乾燥を行い含水率もチェックしたものを店頭で販売いたしております。

他の樹種ではない存在感と高級感、長きに渡り、あなたのご自宅・お部屋の主役になること間違いなし。

ショールームにての現物ご確認も随時受付中です!

よろしくお願いいたします!