一枚板納品までの加工について

一枚板納品までの加工について

一枚板工房SEE-SAWの加工風景

こんにちは大阪府寝屋川市の一枚板工房SEE-SAWです。

本日は先日お買い上げいただきました一枚板の納品までの加工についてご紹介いたします。

ショールームでの在庫商品は塗装済み・未塗装の商品とございますが今回は未塗装品につき塗装工程についてもご案内いたします。

ショールームでの在庫品については大半の商品がワイドサンダーにて荒仕上げと耳部分の皮ハギの加工を行っておりますが、ご注文いただいた後、納品までに最終の仕上げ、塗装およびお客様のお部屋サイズやご家族の人数に合わせ、無料にてカット加工を行い、納品させていただいております。

サイズカット

お好みのサイズに無料カットいたします。
余った材も含め3点まで仕上げいたします。
ダイニングテーブルとリビングテーブルなど同じ材なので相性はバッチリです!(※今回は松藤社長 自ら仕上げ致しました!!) 

1回目研磨および塗装

ベルトサンダーでの研磨を行います。

ベルトサンダーにて木表・木裏とも傷・むくりが無くなるように丁寧に研磨いたします。まずはヤスリ100番の番手でゆっくりと大まかに仕上げていき、2回目にこれもまた木表・木裏とも速度を上げ180番でしっかりと時間をかけて研磨を行います。

続いてきっちりと水拭きと乾拭きを行ったあと、自然塗料『オスモ』エキストラクリアにて塗装を行います。製品に使用するオスモカラーは、植物油(ひまわり油、大豆油、あざみ油)と植物性ワックスからできた自然塗料。化学物質を一切含んでいないんです。なんと食品と同レベルの高い安全性!小さなお子様のいるご家庭でのご使用の際もとっても安心ですよ!ムラができない様、ダマにならない様 丁寧に仕上げます。光の当たり方によっても見た目が異なるため、あらゆる角度から確認してムラがないかチェックします。(この時点で一枚板の表情がグッと魅力的なものに!)                        

 

2回目塗装と研磨

エキストラクリアの塗装後、12時間乾かしたます。800番の紙ヤスリで丁寧に木表・木裏を磨き上げた後にワックスの成分が多く撥水性と耐久性の高いノーマルクリアで最終の仕上げを行います。見てくださいこの艶!           

納品です!

今回は楠(クスノキ)を納品させていただきました。材や葉からは樟脳(しょうのう)が採取され、この樟脳は芳香が強く、衣類などから虫害を防ぐ役目を果たしてきました。衣類の防虫剤のにおいですね。研磨しているときなどは工房内にいい香りが漂っていました。素晴らしい杢目ですね!テーブルレッグについては2WAYタイプで座卓仕様でのご利用も可能ですよ。                                                    

今回はご注文から納品までをご紹介いたしました。まだまだ個性あふれる無垢材の一枚板達がお客様をお待ちいたしております。お気軽にお問合せならびにショールーム御予約ください。何卒宜しくお願い致します。